ホーム>ステップアップ

STEP UP

start
Cカードを持っていない人は
SDかOWから始められます。
ダイビングに対して不安があればSD、 なければOWから
始めましょう。


→

スクーバーダイバー
SD
スクーバダイバー
インストラクター及びダイブマスターの監視下でダイビングを楽しむことが出来る : 最大水深12m

体験ダイビングはインストラクターと水深6mまでが条件であるのに対し、SDは水深12mまでなら水中ガイドとファンダイブを楽しめます。
↓
オープンウォーターダイバー
OW
オープンウォーター
ダイバー
OW以上のランクを持つダイバーならばパディ同士でダイビングできる : 最大水深18m

ダイビングを始めたい方におすすめするカードです。
OWを取得すると様々なスペシャリティを取得することが出来るようになります。


←

↓
SDからのランクアップの場合
SDでOWの約半分の内容を
こなしているので
残り半分をこなせば
OW取得となります。
↓

↓

↓

↓ * OW修了後、すぐに受講できます。
アドベンチャーダイバー
ADV
アドベンチャー
ダイバー
OW修了後、3ダイブで取得

16種類のアドベンチャーダイブの中から3種類を選んで、受講できます。
自分でダイビングのコースを選択できるので、OWで不安を感じた部分の解消や、興味のあるジャンルのチャレンジなど、自分で講習内容を組立られるランクです。
↓ * ADVはADOWの内容を兼ねているので、残り2ダイブ講習でADOWの取得となります。
アドヴァンスドオープンウォーター
ADOW
アドヴァンスド
オープンウォーター
ダイバー
様々な体験を通して自立したダイバーをめざします:最大水深30m

講習内容は5ダイブで、ディープ・ナビゲーションの2ダイブを受講し、残り3ダイブはナイト・ボート・ピークパフォーマンスボイヤンシー・レック・ドリフト・フォトグラファーなどの様々なコースから選択できます。
OWがダイビングを始める基本のランクだとすれば、ADOWは中級者のランクに位置づけられます。更に上を目指す場合もADOWの取得が必須条件となってきます。ADOWは、OW修了後、すぐに受講することも可能ですし、ADVを経てランクアップすることもできます。
↓
エマージェンシー・ファースト・レスポンス
EFR
エマージェンシー
ファーストレスポンス
EFR(Emergency First Respnse)とは、緊急時の応急処置法として、いざという時に役立つ、適切な処置を施すノウハウをマスターできるコースです。世界的に使用を勧められているAED(自動体外式除細動器)の知識も学びます。
ノンダイバーも受講することが出来ます。次のステップへすすむには、EFRを受講することが条件となります。
講習風景
レスキューダイバー
RES
レスキューダイバー
ADとEFR取得後に受講可能です。

小さなトラブルから生死にかかわるトラブルまで、適切な処置法をマスターしていきます。自分自身の安全はもちろん、他のダイバーの安全を守り、ダイビング全般の認識を深めることが出来るコースです。
↓

↓

↓

↓
マスタースクーバダイバー
MSD
マスタースクーバ
ダイバー
RES修了後、5種類のSP取得と経験本数50本以上で申請

遊びのエキスパート、アマチュア最高峰のランク。さまざまなダイビング活動や環境でスキルを磨いて、経験を積んだダイバーの証明です。
 
MSD取得者の紹介
↓
ダイビングマスター
DM
ダイブマスター
RES取得と60ダイブ以上の経験があることが受講の際の条件です。

PADIのメンバーとして登録されます。保険が適応され、OWインストラクターのアシスタントや水中ガイドを行うことが出来ます。インストラクターへの登竜門です。


ダイビングにとって大切なことは『いかに様々なダイビング経験を積むか』ということです。
多くの経験を積むことは上達の近道でもあります。
ランクアップやスペシャリティは様々なコンディションの中『楽しく』かつ『能率よく』経験する手助けをしてくれます。



This page's TOP